くまぶろ ≪kuma-blo≫

ほとんど衝動的に手に入れてしまった『シミュレーションRPGツクール』で
ずぶの素人が弄ってみたものを折角なので公開してみた・・・まぁそんな感じ。

【素材の利用について】
SRPGツクールのオリジナル素材を元にしたものについては、
公式の利用規約に従って下さい。
素材サイト様からの素材を改造したものについては、
各サイト様の利用規約に従って下さい。

他の細かな部分につきましては今のところは
「一般的な良識の範囲内」でお願いします。

2014年09月

東方四重碌 v0.421

とりあえず全キャラにクラスチェンジが実装されて大分経ったので
ここらでオススメと言いますか、お気に入りクラスの紹介です。
(基本的にどのクラスを選んだとしてもパワーアップしてますし、ゲームの進行には影響がないと思われます。)


レミリア : 紅き館の主 「ミゼラブルフェイト」

超長レンジから放たれる運命の赤い糸・・・ならぬ赤い鎖。
ランダムに動いているようで割りと的確に敵を捉えてる気がする。
撤退中の敵将を捉えた時の爽快感はなかなかのもの。

八雲紫 : 境界の妖怪 「八雲紫の神隠し」
神出鬼没にワープしながら全方位に即死効果付きの弾幕を撒き散らす。
即死効果が2%とはいえ、ドコから出現するのか分からないので、
敵として現れた時にはかなり厄介なクラス。
強ユニットがあるときいきなり退場てことになってたら大体コレのせい。

寅丸星 : 縁起のいい妖怪 「黄金の震眩」
広範囲に渦巻状に放たれる貫通型レーザー。
性能欄の数値以上に強いと感じる技の一つ。
素早く広範囲にダメージを当てられるので、城壁があるマップや
うさぎ、巫女、妖精などの引き撃ちタイプの敵に対して効果的。

古明地さとり : 怨霊が恐れ怯む少女 「テリブルスーヴニール」
弱点属性の中距離型レーザー。
前方扇状に放つので効率よく当たっててムダ弾が少ない感じ。

霊烏路空 : 地獄の業火 「メガフレア」
威力は抜群。日耐性が多少あろうとも関係なく焼き尽くす。
大振りな技だけど集団の中に撃ちこめば問題なし。
数値だけならもう一方の「核ブレイズゲイザー」の方が上か。

黒谷ヤマメ : 暗い洞窟の明るい網 「カンダタロープ」
敵を一本釣りで手繰り寄せてから、ウェブ系(状態異常)でぐるぐる巻に。
自軍にいる時は見ていて楽しいけど、敵軍としてくらうとかなり凹む。

伊吹萃香 : 宴会好きの小さな鬼 「追儺返しブラックホール」
ヤマメのとは違ってこちらは範囲で引き寄せる。Gホイホイみたいな感じ。
攻撃指定地点の目安にもなっていい。

四季映姫 : 楽園の最高裁判長 「タン・オブ・ウルフ」
弱点属性で、特に前面に対しては非常に強烈。

比那名居天子 : 非想非非想天の娘 「緋想天促」
こちらも弱点属性で非常に強烈。



種族では、鬼系の二人(勇儀と萃香)がやはり強いですね。
たぶんあれでもまだ本気出して無いんでしょうなぁ・・・(^-^)
敵方にいるといつの間にかLVが飛び抜けてて倒すのに一苦労します。
まともにぶつかると力負けするので、状態異常を絡めていきたいところ。
もちろん味方である時は心強い限りですけどね。

野獣系の前衛タイプ(所謂ナイト型)はスピードに任せた突撃力はあるものの、
孤立して集中攻撃を受けるという脆い面も。
味方の時は手動操作にして、後方支援と合わせて運用したいところ。

同じ獣族の前衛でもカラス系はまた一味違いますね。
パンチには欠けますが、相手を弾く技を使っているので囲まれにくいのが特徴。
こちらの後方支援は補助よりも火力でしょうかね。

東方四重碌 其ノ陸改め v0.42

タイトルが分かりにくくなってきたので今後はver表記にします。(・ω・)ノ


今現在、最新版はver0.421です。
前回の記事がv0.35だったので随分と間が空いてしまいました。(^-^;
v0.42から大きく変わったのは「顔絵の刷新」と「内政関連」ですね。

顔絵は、ここ最近プレイした東方二次作品でもよく使われていた絵師さんのもので
とても綺麗ですし、とにかくキャラが揃っているので使い易いのでしょうね。
現在まだ出ていないキャラも今後ユニット化されるかもしれませんね。
バストショットくらいの顔絵になったので、
今までのVT作品に慣れていると「顔ちっちゃっ」て感じますけど
東方キャラは顔形よりも、帽子だとか服装とかがキャラの特徴だったりしますし
要は”誰か分かればいい”のでコレでいいんです。(^-^)

内政はこれまでの更新でもいろいろ実装されてきましたが
今回のv0.42では、一部人材に固有の内政が追加されたことですね。
まだプレイ途中で阿求しか見てないんですが、他のキャラのがどんなのか楽しみ。
将来的にはこれも全キャラ実装されるのでしょうかね?大変そうだ・・・(^^;

あと、放浪人材の旗揚げ時にいろいろ支援がかかるようになりました。
ゲームモードによって支援内容が変わるらしいんですが
資金や人材の追加はもちろんのこと、
全勢力との一時同盟によって、その間に一般人材を揃える猶予ができて
旗揚げの次の瞬間には速攻で滅亡ということが無くなったのは大きいです。


『KeyMouser』もVTで使ってみてますが、今のところ微妙・・・(-ω-;)ウーン
デフォ設定の「左クリ=Z」「右クリ=X」が、
VTの戦闘画面では「高速化=Z」「自動化=X」に被ることでコレらが使えない・・・
まぁそこはKeyMouserの設定キーを別なのに変えるか、
VTの戦闘画面で「Z」「X」キーを諦めるかすればいいんだけどねェ。

闇鍋企画完結編 45~46話

現在46話まで公開されています。
D's memoの方も更新済み。


前回公開から少し間が開きましたので、2話とは言えボリューム多めです。

戦闘マップでは、殲滅クリアが出来なさそうなのがいくつか。
明らかに戦力差から見て「恐らくムリだろうな・・・」と諦めがつく方はいいですけど
もう一つ、”港”の方はどうなんだろう・・・(-ω-;)ウーン
猛者が現れるのを待ってみましょうかね。

シナリオは、待望のリリーさんが登場。(でもすぐにオカシな事になっちゃいますが)
打たれ弱く無いヒーラーというのは前線に置いても安定してますね。
それと、まさかの再登場カクタさん。
固有名があるだけのただのモブキャラだったはずが、顔絵を獲得する大出世。
でもメンバーになったのはいいとして、今後活躍できる場所があるんでしょうかね。(^^;

現世への帰り方らしきものが分かってきたところで
でも、まだまだ帰るまでの障害がいくつも残されているようで
全50話の予定とのことですが、後4話分で終わるのかしら・・・(^-^;


追記)
作者ブログを見ていたら”港”の全クリ報告が! しかも2件!!
すげ~な、もう・・・...( = =) トオイメ
全クリできたからって、私はやりませんよ。だって・・・面倒臭いじゃん。(^-^;

KeyMouserを使ってみた

少し前にVectorで紹介されていて気になっていたフリーソフト
『KeyMouser』を使ってみました。

*作者HP及びDL先 そうそうTOWN

マウス操作をキーボードでできるというやつで、早速使ってみたところ
シミュツク作品の操作が快適に!!!

ポインターの移動は、アイテム欄などの細かい移動には使えますが
マップ全体を追うのには不向きかもしれません。
ですが、キーボードとマウスの併用操作もできるので
ポインターはマウスで操作して、クリックはキーボードというのが好いかも。
ダブルクリックも割り当てできるので、会話パートの早送りも楽ちん。
もう左クリック連打による腱鞘炎ともおさらばです。(^ー^)ノ


ついでにVTでも試してみましたが
新しいウィンドウにポインターが移れないらしく、全体を操作するのはムリそう。
ただこちらも、細かい操作には使えるのでマウスとの併用が好さそうです。

東方仮想人形 体験版v0.64

ver0.63をやってるうちに0.64になってました。(^^)

前回「楽し~~」と書いたスキママップが二箇所に増えました。
(v0.62時で工事中だったところ)
スキマ2はニ階層になっていて、1よりも難易度高いです。
徘徊ボス戦も、ユニットの配置によっては苦戦するかもレベル。
その分アイテムも多いし、やりごたえ感有りです。

現在、スキマ巡りがほぼメインとなりつつあるので
スキマ2→スキマ1→草刈り→フラン戦→草刈り→スキマ2・・・のループ。(^-^;
ユニットの最高LVがまだLV28なのに、草刈りLVは30になりました。
”草刈りマスター”の称号でも欲しいところだぜ。(^-^;

図鑑完成度が65%になったけど、もう少し伸びそうな感じかな。
現状100%になるとは思っていないけど(体験版だしね)
台詞カードはいくつかに空欄があるから68~70%くらいはいくのかなぁ。


* 『東方仮想人形 体験版』作者のブログ ぷちむど
プレイした方はどしどしコメントしてあげてね。
作者のモチベーションUPにもなるし、クオリティUPにも繋がるかもよ。(^-^)