くまぶろ ≪kuma-blo≫

ほとんど衝動的に手に入れてしまった『シミュレーションRPGツクール』で
ずぶの素人が弄ってみたものを折角なので公開してみた・・・まぁそんな感じ。

【素材の利用について】
SRPGツクールのオリジナル素材を元にしたものについては、
公式の利用規約に従って下さい。
素材サイト様からの素材を改造したものについては、
各サイト様の利用規約に従って下さい。

他の細かな部分につきましては今のところは
「一般的な良識の範囲内」でお願いします。

2016年06月

とーとと:Re(仮)v000 160612版

入れ忘れていたと言う「こころ」の追加と
一部バグを修正した160612版が公開されました。
一先ずこのバージョンで区切りをつけて新たな段階へと進まれるそうで
次に公開される時にはどんな形で登場するのか、今からとても楽しみです。(^-^)


前回上げ忘れていましたが、
(160612版で一部キッズのステが変更されたのである意味丁度良かったか)
とりあえずキッズ一覧テキストです。


アイテム(宝箱)漁りの関係で、とりあえず100階まで進めました。
toutoto_07

リーダーを除く初期選出キッズはすでに居ません。
初期選出キッズはボーナスが付かないので序盤だけ凌いで
追加キッズからが本番というかんじで進めています。
初期選出の基準は、
  1. レベル負荷が5以下
  2. その中から、物理・魔法および射程・命中(反応)の良いキャラ
で選んでいて、具体的には虹川三姉妹、リグル、ミスティア、チルノ辺り。

追加キッズとして最初に引き当てたのは「依姫」。
レベル負荷がボーナスで10に下がっているとは言えそれでも多いけど、
総合力は原作通りチートぎみの強キャラです。

あと1枠は「咲夜」を入れたいと思って空けてはいるんですが
なかなか出会えない上に、ボーナスも好い感じで付かなかったりで、
100階までの間にGET出来ずにいます。(^-^;


(2016/06/21 追記)
toutoto_08
今の今まで、リーダー+23名で定員いっぱいだと思ってたけど
マウスのスクロールで「キッズをふやす」が出てくるのを
つい今さっき気付いた・・・。orz

とーとと:Re(仮)v000 160606版

旧作や東方二次とかを含めてキャラが一気に増えました。
ますます選ぶのに迷ってしまって嬉しい悲鳴ですが
追加の際にお目当てのキッズがなかなかまわってこないのも事実・・・(^-^;
でも、今後改善してもらえるようなのでもう少し待ちましょう。


今回のキャラの性能の修正で、
さとりの魔法射程が7→5に下がり、長距離砲としては並になりました。

あと、新アイテム(?)の「リフレクス 反応(命中回避)7.8、魔法射程-0.4」や
修正(?)の入った「みっつめのめ 防御・魔法防御共に-3% 必中」により
反応(命中回避)に難ありだったキャラの使い方に光が。
前者は魔法射程が下がるので、物理攻撃系か、オービットとの併用で
後者は敵からの攻撃を受けなければ済む話なので全キャラに有効かと。


今回はレベル負荷10位上のキャラが出てきたので、
キッズ選択においてレベル負荷をあまり重視せずに、伸びしろ重視でやってます。
ただ、新規に始めてアイテムもまだ行き渡っていないので
キッズの平均レベルを攻略階層+LV5位上にしながら進めています。

”伸びしろ”は1レベルごとに上がる数値が高いキャラという意味です。
◯◯+△△ とあった場合、△の方がレベル的に有利なのは明らか。
しかも、△の値はボーナス込みで+15位からが使い物になる感じで、
それ以下の場合はキャラ愛が無ければお薦めできません。(^-^;


さて、これまで何回かblogで紹介しておいて今更ですが
これから始めようかと思っている方々に一言。
今のところ、シナリオと呼べるものは一切ありませんし
東方要素はキャラとアイテムの極一部のみです。

それでも東方ゲームとして十分楽しめる作品だと思います。(^-^)


(2016/06/13 追記)
レベル負荷を気にせず云々でやってみると、綿月姉妹やお空、フラン辺りの、
レベルごとの数値がずば抜けているキャラの凄まじさが分かりますね。
先の「みっつめのめ」や「リフレクス」で命中難を解消し
「ギミック」や「オービット」で射程、「ブーツ」で移動を補ってやれば
持ち前の火力で全て解決! これはこれで何か楽しいぞ。(^-^)

東方竜紋章 体験版v0.2

待ちに待った体験版ver0.2が現在公開されています。
霊夢、お空、天子の3ルート各7話までプレイ可能。

各ルートを一通り軽く流して、再度プレイ中。
一巡目は天子ルートの守矢神社戦(ノーマル)だけ取りこぼしがありましたが
再プレイで全撃破できました。(^-^)


体験版では難易度を、
黒鉄(イージー)・刃金(ノーマル)・白銀(ハード)の3つから選べます。
後々は、幻想(ルナティック)も選択できるそうですが・・・。
とりあえずは、戦闘中にセーブが可能なノーマル以下でのプレイがいいでしょうね。

基本的に『三竦み』を意識して行動していればOK。
セーブロードでレベルアップ時のステータスを吟味する場合、
物理・魔法の「攻撃・防御」「魔法・魔防」は当然として、意外と「敏捷」が重要!
”敏捷”の値が4以上の差があると、”2回行動ができる”のですが
2回行動で、”倒す”のか、”削る”のか、でかなり差が出ます。
この辺りはプレイスタイルにも寄るので、どちらが良いとは言えませんが
この『1pt差』で戦略も戦術も変わってくると思います。
個人的には、まずは”敏捷”は優先して上げておいて
敵からの2回攻撃だけは受けないでおくのが好いかと。


作者によれば各20話ぐらいの予定だそうで、まだまだ先が長いですね。(^-^;