( ̄ω ̄;)エートォ... 約3ヶ月も開けてしまいました。
ネタが無かったと言えばそれまでですが、単に筆が進まなかっただけです。
今後はせめて月一でも何か書きます。 スミマセン <(_ _)>



さて気を取り直して、『東方図書迷宮(ver1.04)』のプレイ感想を。

サイドビューATBで、自作エフェクトもいい感じの短編RPGです。
特徴は何と言っても、MP全開、技全開の全力戦闘!
戦闘終了時にHPMP共に満タン回復するので
雑魚戦であっても常に全力戦闘でいけるので、結構爽快感があります。
その分、雑魚敵でもやや強めかもしれませんが
すぐにレベルも上がって有利に進められるので
よほどの縛りプレイでもしなければ難易度としては易しい部類かと。

ボーナスステータスも、レベルアップ時に自動で割り振る機能付きで
装備も最強武器(何基準で最強かは「?」)であつらえてくれるので
ほとんど何も考えずにおまかせモードで進められるのも好いところです。
もちろんオートを解除して自分好みに調整することも可能。

シナリオ全体としても短編なのですが
前述の戦闘がとてもテンポ良く、雑魚戦で1~2ターン
中ボス(ちょっと強い雑魚?)でも2~3ターンもあれば終ります。
全回復なので、宿屋とかありませんし、
アイテムも合成という名の”お店”はありますが、基本敵ドロップで十分。
一番時間がかかったのが後半のギミックMAPくらいですが
歩きまわっていれば何となく先に進めるので迷うことは無いでしょう。
とにかくほとんどストレスを感じさせない一作です。