ダンジョンを練馬に求めるのは間違っているだろうか(ver1.00)』をプレイ中。
現在メインシナリオを終えて、サブダンジョンとかを彷徨いているところです。

Readmeで作者が語っているように、ギャグと悪ノリが最後まで続きます。
アニメやラノベ、時事ネタ的なものなど様々なネタが練り込まれていて
「この手の表現がダメな人はダメ」な作品です。
私は、ちょっと分からないネタがあったりもしましたが、
この手のものは嫌いではない、というか結構好きかも。(^-^)

とにかく設定がユニーク。
 現代2017年の練馬に突如として現れた魔王。
 魔王討伐に立ち上がる自称村人AとB(共に腐女子)。
 そして討伐の理由が「中止されたコミケを開催させる為」
・・・。(^-^;
マップも、海岸に氷山に魔王城と至ってファンタジー。
「なんで練馬が舞台なの?」と思いつつも、
それを忘れさせるくらいのテンポとノリの良さで進んでいきます。


割りとオーソドックスなフロントビューのRPGだと思いますが
敵キャラも含めてみんなかわいいですし、ゲームが全体的にカラフルな感じがします。
戦闘画面やエフェクト、演出などもシンプルながら凝っていて飽きさせません。

ゲーム開始時に選べる難易度はベビー(敵能力50%)からノーマル(100%)ですが
ゲーム中の設定変更で最高バグ(300%)まで選べます。
まぁ、普通にプレイするにはノーマル以下の難易度が良いかと。
装備品の中には、経験値が入らないようにするアイテムもあるので
縛りプレイや低レベルクリアなど、変わったプレイにも対応しているのでしょうね。


すでに何作か公開されている方とあって、すごく熟れた感とでも言いましょうか
シンプルでありながら精錬されている印象を受けました。
すごくクセのあるシナリオだとは思いますがオススメの一作です。(^-^)